So-net無料ブログ作成
花冷え 使い方 ブログトップ

花冷え 使い方 [花冷え 使い方]

花冷えという言葉の使い方。
お花見の頃によく聞く言葉ですよね。

その前に、花冷えとは?
花冷えの意味は、桜の花が咲く頃の季節に
陽気が定まらずに、一時的に寒くなること。
または、その寒さを表す言葉です。

花冷えの季節、なんていったりしますよね。

桜がさいて、ぽかぽかといい陽気。
春らしい服装で出かけていったら、思いの他に寒かった、
なんてことありますよね。
そういえば、お花見のときって、なんだか寒い年もあったような記憶が・・・

それが、花冷えなんですね。

寒の戻り、これも同じように春先に寒さがもどって冷え込むこと。

春先の天気予報などを聞いていると、よく聞く言葉です。

言葉の使い方としては、

花冷えの頃・・・・とか
今日は花冷えで・・・・とか。

手紙の書き出しの季語としても春の季語として「花冷え」を使ったりします。

花冷えの「花」とは、桜を現しているのでしょうね。




nice!(1)  コメント(0) 
花冷え 使い方 ブログトップ
Copyright © 暦@ことのは All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。