So-net無料ブログ作成
イースター ブログトップ

イースター 2013 いつ [イースター]

イースター 2013 いつ?

イースターというのは、キリストの復活祭のことですね。
イースターは、春分の日のあと、最初の満月から数えて最初の日曜日とのことですが
グレゴリオ暦を用いる西方教会と、
ユリウス暦を用いる東方教会では、そのイースターの日が違います。

では、
<2013年のイースターの日はいつ?>

2013年に関しては、かなり日にちが違って
西方教会でのイースターは、3月31日、
東方教会でのイースターは。5月5日となっています。

日本での2013年のイースターの日は、3月31日となるようです。

イースターすなわち、復活祭、キリストが復活したとされる日です。
まぁ、とりあえず、キリスト教のお祭りと認識すればいいでしょうか?

伝統的教会では、イースターの前日曜日を除く40日間は、
肉、乳製品、卵を食することを禁じており、
イースターの日に解禁になることから、
イースターの晩餐では、これらの動物性食品を食べます。
特に卵、バター、牛乳を使った復活祭独特の菓子パンやケーキが食されます。

卵とウサギは、昔から豊壌のシンボルであったためもあり、
イースターには、イースターエッグを飾り、
イースターバニーというウサギをかたちどったチョコレートやパンが作られます。
英語圏やドイツでは、イースターエッグをイースターバニーが隠すという伝承があり
イースターの朝に子供たちが、イースターエッグを探して、
だれた一番多く集めれれるかを競ったりします。

<イースターエッグとは?>
本来は、ゆで卵を染めたり、塗ったりして飾っていましたが
最近では、チョコレートやデリーで作られたお菓子だったり、
プラスチックの卵の形をした入れ物のなかにキャンディや、現金を入れたりするようになってきました。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
イースター ブログトップ
Copyright © 暦@ことのは All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。